« August 2019 »
Mon Tue Wed Thu Fri Sat Sun
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
2016
06月
08
テーマ:

トイレから食中毒?

こんにちは( ′~‵)

 

今日はちょっと気になる記事を見つけたのでシェアしたいと思います(*´∪`)

 

今トイレもフタのないところが多いですが、

フタをきちんと閉めて流すことで食中毒などの感染症のリスクを軽減できる

研究結果が報告されているようですヽ(•̀ω•́ )ゝ✧

 

トイレの蓋をあけて流したら食中毒になるなんてピンときませんが、

 

ふたを閉めないで流すと汚水が便座の上26㎝まで細菌が飛び散り

便座だけでなく床にまで付着することが映像で確認されたそうです((+_+))

 

逆に蓋をして流すと、便器内では細菌が確認されたものの

空気中を漂う菌の量は蓋を開けたまま流した状態とは比べものにならない程減少していたそうですヽ(´ー`)ノ

 

蓋を開けっ放しにしたからといって必ずしも病気になるわけではないですが

トイレという空間にはO-157やノロウイルスが潜んでいる可能性が非常に高いということを忘れてはいけませんね( >д<).;':

 

不特定多数の人が触れるトイレの蓋に触れる方が不衛生で感染症のリスクがあるような気がしてしまいますが、

触った手は洗ってビエリモで除菌すれば問題ありません(●>ω<)ノ゙

蓋がちゃんとついているトイレに入る際はビエリモを持っていくか常備しておきましょう(^^)/

因みに和式トイレはどうかというと

もちろん蓋はありませんし、便器が浅いため菌の飛散は大きいようです(´・ω・`)

おまけに便器の位置が足元に近いのでズボンの裾などに飛沫がついて菌を運んでしまう可能性まであるそうです((+_+))

 

 

もうこなったら

トイレを流すのと同時にビエリモを思いっきりスプレーするしかないですね(*´`ω´)/■’’’ 笑

 

トイレで重点的に除菌が必要な場所は

便器 便座

フタ 水洗レバー

ペーパーホルダー

ドアノブ 

手洗いシンク カランなどです(*´∪`)

 

ここはしっかりビエリモで除菌しましょう(*˘︶˘*).。.:*♡

 

 

ビエリモの詳細はこちらから

 

ノロウィルスなど、空間除菌なら【ビエリモ】

弱酸性次亜塩素酸水ビエリモ(bielimo)は食品添加物から作られた安心・安全な除菌消臭剤です。 空気中の菌やウイルスを瞬間除菌出来る、超音波式空間除菌消臭加湿器とともにご使用いただくと、効率よく空間除菌をすることが可能です。 ノロウィルスやO-157、インフルエンザ食中毒対策などに最適な除菌消臭剤をぜひお試しください。

インフルエンザによる会社への大打撃を防ぐ方法家庭内感染の対策ノロウィルスの弱点食中毒予防のために次亜塩素酸水とはどんなもの?空間のニオイ対策 子供がノロウィルスに感染したときの対処法細菌の増殖条件インフルエンザの種類空間除菌