インフルエンザの種類


インフルエンザについて、「症状が重い風邪」と認識している方はいらっしゃいますか?インフルエンザの症状と原因は風邪とは全く異なり、様々な種類とそれぞれの特徴があります。インフルエンザの種類や特徴を把握して、適切な予防につなげましょう。

インフルエンザA型

最も多くのウィルスを持ち、非常に変化しやすい性質を持っています。インフルエンザにかかる人の半数以上がこのタイプと言われており、感染力も強いので大流行を起こすのが特徴です。A型は、他の種類に比べて症状が重症化する可能性があります。

細菌性の肺炎を併発する恐れもあり、過去には世界的に流行し多くの犠牲者も出した「スペイン風邪」や「韓国風邪」がありました。人への感染が脅威となっている鳥インフルエンザも、A型に分類されています。

インフルエンザB型

A型に比べて変化しにくい性質を持っています。症状としてはA型とあまり違いはありませんが、A型よりも症状が軽く済むことが多いです。しかし、稀に脳症などの大きな合併症を起こす可能性もあります。B型は毎年流行ることはありませんが、2年周期で度流行る傾向があります。B型とA型の最も異なる部分は、B型は人から人への感染経路しか確認されていないことです。

インフルエンザC型

A型やB型は冬に流行することが多いですが、単発的な流行を起こすことがないC型は季節を問いません。主に、5歳以下の小児に感染することが多いのが特徴です。乳幼児期に感染しても、症状が現れないこともあります。

一度感染すると再び感染することはほとんどなく、小児期に感染しなかった人が稀に成人して感染することがあります。
症状としては鼻水が多くなるなど、一般的な風邪の症状と似ています。

現代には様々なウィルスや細菌が存在します。当社では、インフルエンザやノロウィルスの除菌にお役立ていただける「次亜塩素酸水ビエリモ」を販売しています。

次亜塩素酸水はウィルスの除菌だけでなく消臭にもご使用いただけ、花粉症の方にもおすすめです。食品添加物からつくられているので、安全にご使用していただけます。ご自身やご家族の健康を守るためにも、次亜塩素酸水ビエリモをインフルエンザ予防にお役立てください。

インフルエンザによる会社への大打撃を防ぐ方法家庭内感染の対策ノロウィルスの弱点食中毒予防のために次亜塩素酸水とはどんなもの?空間のニオイ対策 子供がノロウィルスに感染したときの対処法細菌の増殖条件インフルエンザの種類空間除菌