細菌が増殖する条件


飲食物に付着した細菌を摂取することによって起きてしまう食中毒は、細菌の繁殖を抑えることが重要です。
細菌の繁殖には3つの条件があり、その条件が揃うことで自宅のキッチンやレストランの厨房など、食品を扱う場所で食中毒が発生する可能性が高くなります。細菌が増殖する条件を理解し、食中毒予防につなげましょう。

温度

食中毒の原因となる細菌は10度から60度で増殖し、36度前後で最も発育することが分かっています。加熱調理などが多く、室温が高い状態が続く厨房などは特に注意が必要です。

洗浄不十分で調理器具に少しでも細菌が残っていると、あっという間に細菌が増殖してしまいます。菌の増殖の大半が、10度以下の低温で抑えることができます。食品を取り扱う場合や保管の際には、温度管理の徹底や手の消毒などを心掛けましょう。

水分

細菌は食品の水分を利用して増殖します。つまり、水分がなければ最近が増殖することはないのです。食器・容器・調理器具などはよく洗浄しましょう。食べ残しなどが残ったまま保管してしまうと、その食べ残しの水分から細菌が増殖してしまいます。

水分含量50%以下では発育しにくく、20%では発育できないことも分かっています。しっかり洗い、乾燥させることが細菌の増殖を抑えるポイントです。特に暑い季節や湿気の多い梅雨の時期は、細菌が増殖する可能性が高くなりますので気をつけましょう。

栄養分

人にとっての栄養分は、細菌にとっても栄養になってしまいます。たんぱく質や糖分などは、細菌にとって嬉しい栄養源です。水分が多く栄養バランスの良い肉や魚は、特に菌が増殖しやすい食品であるということがお分かりいただけると思います。

食中毒対策は、除菌・殺菌・予防が基本です。菌は目に見えませんので、食中毒対策をしっかり行っていても完全に除菌されているか不安な方もいらっしゃると思います。食中毒対策には、当社で販売している「ビエリモ」をお試しください。

ビエリモは食品添加物から作られた安心・安全な除菌消臭剤です。お子様がいらっしゃるご家庭や、ペットと一緒に生活していらっしゃるご家庭でも安心してご使用いただけます。食中毒対策の他にも、インフルエンザ予防などで大活躍します。

インフルエンザによる会社への大打撃を防ぐ方法家庭内感染の対策ノロウィルスの弱点食中毒予防のために次亜塩素酸水とはどんなもの?空間のニオイ対策 子供がノロウィルスに感染したときの対処法細菌の増殖条件インフルエンザの種類空間除菌