子供がノロウィルスに感染したときの対処法


空気が乾燥しやすく気温が下がる冬場は、ノロウィルスに感染する人が増えてきます。ヒトを介しての感染力が強く、乳幼児から高齢者まで幅広い層で感染するウィルスです。特に子供は大人よりも感染しやすいため、ご家族や学校の先生など周囲の大人が予防対策を徹底する必要があります。

子供がノロウィルスに感染すると

ノロウィルスに感染すると発熱や嘔吐、下痢などの症状が現れます。子供の場合は発熱がなく、下痢が少ないのが特徴です。しかし、嘔吐の回数は多いため大人同様、1日中トイレから離れられないこともあります。

また、体力の弱い乳幼児が感染すると脱水症状が現れたり、嘔吐物による窒息の恐れもあるので注意しなければいけません。感染対策として、ご家庭や学校での手洗いと消毒を徹底させましょう。洗浄と除菌を行うことで、感染拡大を防止することができます。

子供の看病で気をつけたいこと

子供がノロウィルスに感染した時、まずは他の家族との接触を控えるために隔離します。看病する方は1人~2人の少人数で行ってください。ドアノブや便座などは、ノロウィルスに効果のある塩素系消毒剤を使い、消毒しておきましょう。
嘔吐物や便を処理する際は、マスクと手袋を着用して素早く適切に行うことがポイントです。

嘔吐物処理の注意点

ノロウィルスが含まれた嘔吐物を処理する時は、次亜塩素酸ナトリウムが含まれた家庭用漂白剤が活用できます。
0.1%ほどの濃度に薄めて消毒液を作り、嘔吐物にかけたり回収後の床全体を拭いたりして、素早く処理していきます。
処理に使用したマスクや手袋などを処分する際にも、次亜塩素酸ナトリウムをふりかけ、ゴミ袋を何枚か重ねてから処分しましょう。

ただ、処理中の塩素臭など子供への影響も心配です。また、取り扱いにも注意が必要なため、もっと気軽にノロウィルス対策ができる商品をお探しの方もいらっしゃると思います。当社で販売している「ビエリモ」は、弱酸性の次亜塩素酸水です。

厚生労働省に認定された安全な成分で作られており、安心してご使用いただけます。除菌効果だけでなく消臭効果にも優れているので、嘔吐物の臭いや塩素の刺激臭も気になりません。肌に触れても荒れない塩素系殺菌剤なので、安心してお使いください。

インフルエンザによる会社への大打撃を防ぐ方法家庭内感染の対策ノロウィルスの弱点食中毒予防のために次亜塩素酸水とはどんなもの?空間のニオイ対策 子供がノロウィルスに感染したときの対処法細菌の増殖条件インフルエンザの種類空間除菌