食中毒予防のために


食中毒は、外食だけでなく家庭でも発生する危険があります。その為、家庭での調理方法や食事にも気をつけなければいけません。家庭で食中毒を発生させない為にはどうしたらいいのか、食中毒対策の為に気をつけるべき点についてご紹介いたします。

菌を食材に付けない

調理前に手洗いを徹底して、調理器具も除菌・消毒して使うようにしましょう。生肉や生魚、卵を調理した後は、その度にそれぞれ調理器具と手を洗って菌を移さないようにしましょう。

肉・魚類と野菜は、包丁とまな板を別々に用意していると、より菌が移りにくくなります。全ての調理が終了した後には、調理器具を清潔に保ちましょう。厨房に菌を残さないようにすることが食中毒対策として効果的です。

菌は熱に弱い

もし食材に食中毒菌が付着していても、過熱することで十分殺菌効果があります。特にお肉や魚介類、卵には十分に加熱して調理しましょう。加熱しない生野菜などは、食べる前によく洗い、他の食材から菌が移らないようにしましょう。

料理が余ったときには

長時間そのまま置いてしまうと菌が発生してしまいます。すぐにラップフィルムなどで保護して、冷めたら冷蔵庫や冷凍庫で保存しましょう。そして、食べる時には再度よく加熱してください。

お弁当からの食中毒を防ぐ

食中毒の予防には、作る時によく火を通すことが大事です。そして、お弁当を詰めた後には熱を冷ましてからフタを閉めましょう。傷みやすいご飯はお酢や梅干しを混ぜて炊くと傷みを抑える効果が期待できます。暖かい時期はサラダなど生の物を入れるのは避けたほうがいいでしょう。

もうひとつ、お弁当が傷むのを防ぐ効果が期待される方法をご紹介します。それは、お弁当を詰める前に、お酢を軽くお弁当箱に塗布するという方法です。ちょっとしたひと手間で食中毒対策ができるので、ぜひお試しください。

ここまででご紹介したように、食中毒対策には除菌・消毒を徹底することが重要です。当社で販売している除菌スプレー「ビエリモ」は、吹きつけるだけで簡単に除菌ができます。お口に入っても安心なので、調理の合間にぜひご利用ください。

インフルエンザによる会社への大打撃を防ぐ方法家庭内感染の対策ノロウィルスの弱点食中毒予防のために次亜塩素酸水とはどんなもの?空間のニオイ対策 子供がノロウィルスに感染したときの対処法細菌の増殖条件インフルエンザの種類空間除菌