家庭内感染の対策


インフルエンザの季節が到来すると、対策としてマスクを着用し、うがい手洗いを徹底すると思います。しかし、どれだけ気をつけていても、インフルエンザにかかることはあります。そのときに気をつけたいのが、家庭内感染です。

家庭内感染は怖い

インフルエンザにかかったら、早く治すために自宅で安静にしなければいけません。しかし家の中で過ごすということは、一緒に暮らしているご家族に感染する可能性があるということです。インフルエンザは感染力が強く、頭痛や発熱、関節の痛みなど様々な症状を発症します。かかった本人は症状が軽くても、まだ抵抗力の弱い小さいお子さんや、体力が落ちているお年寄りの方がインフルエンザにかかってしまうと、重い症状になる可能性もあります。ご家族の健康を守るためにも、しっかりと対策をしておきましょう。

家庭内感染を防ぐために

家庭内感染を防ぐには、早めの対策が肝心です。インフルエンザにかかった本人だけではなく、一緒に暮らすご家族の方もマスクを着用しましょう。インフルエンザの感染経路には飛沫感染と接触感染があります。飛沫感染は咳やくしゃみなどが感染経路となります。お互いにマスクを着用しておけば、喉からの感染経路をシャットダウンできます。

またインフルエンザにかかったら、できるだけ部屋を分けましょう。マスクを着用していても、感染する可能性は十分あります。看病するときは、できるだけ一人が担当するようにします。インフルエンザウイルスは、乾燥した環境で感染しやすくなるので、加湿器で部屋の湿度を保つようにしてください。

消毒を徹底する

インフルエンザにかかったら、ご家族と使用するものは分けるようにしましょう。
また、鼻をかんだティッシュは、フタ付きのゴミ箱に捨てるようにしてください。看護する方は、処分するときに触れてしまうことがあるので必ず消毒することが大切です。

また基本的なことですが、ご家族全員うがい手洗いを徹底しましょう。

インフルエンザ対策には、当社が販売している「ビエリモ」をご利用ください。ビエリモはアルコールよりも、除菌する力が強いのでインフルエンザ対策・予防に最適です。ビエリモは安全性が高いので、リネンの殺菌や手洗いをするときも安心してお使いいただけます。

インフルエンザによる会社への大打撃を防ぐ方法家庭内感染の対策ノロウィルスの弱点食中毒予防のために次亜塩素酸水とはどんなもの?空間のニオイ対策 子供がノロウィルスに感染したときの対処法細菌の増殖条件インフルエンザの種類空間除菌